会社設立に必要なこと

将来的に起業をし、社長を目指そうと考える際に、必要となるのが会社設立の手続きです。
初めに、株式会社を設立する際の注意点、及びメリットを講じます。
株式会社のメリットは、何よりも信用度が保証され、取引の幅が広がるという点です。
法人でないと取引を行ってくれない起業もあるので、株式会社であるということは、それだけ取引における信用度を示す物となるのです。
また、個人事業の際には、経費として認められない物を経費扱いとして処理出来るので、節税の幅が広がることもポイントです。
更に、優秀な税理士の監修によるキャッシュフローを行う事で、所得税と法人税を調節し、支出を抑えて手元に残る額を大きく残す事も出来ます。

しかしながら、株式会社にもデメリットはあり、例えば、各種保険の手続きや源泉徴収の納付等、必要となる手続きが非常に多くなりがちという点があります。
また、法人税は、たとえ赤字であっても、年間7万円を必ず納めなくてはなりません。
従業員を雇う際に、社会保険料等の負担がかかり、雇用の際のコストが大きくなるのも重要な問題です。
そのため、株式会社を設立する際には、将来的に確実的な売上や利益が見込めるかどうかを検討し、もしも難しいようであれば、個人事業主として事業展開をしながら株式会社設立の機会を待つか、もしくは、株式会社よりも設立費用が安く見積もれる合同会社を選択するという手段も取れます。
しかしながら、合同会社や個人事業主は、中小企業からの信用を得にくいため、もしも中小企業を対象とした事業を展開するのであれば、株式会社を設立する理由として充分なものとなります。
その場合には、最低でも個人事業における収入が1千万円を超えているかどうか、及び、本当に自分がその事業を仕切っていけるかを真剣に考えてから臨みましょう。



≪TOPIC≫
会社設立後に必要となるビジネス用の名刺を注文できるサイトです ... 名刺

Copyright © 2014 会社設立に必要な手続き All Rights Reserved.